身内に不幸が起きた場合、まずどうすればいいですか?
最近はご自宅で亡くなるケースより、病院で亡くなるケースが多くなりました。
まず病院で亡くなった場合、すぐにご遺体をどちらかに移動しなくてはなりません。
最初に行っていただく事は「何処にご移動するか?」を決めてもらい、寝台車のお手配が必要となります。
特に大きな総合病院などでは大体お出入りの葬儀業者が居ます。亡くなって病室から霊安室にご移動し、そこで営業をしてきます。
お客様がご納得をしてその業者に全てを依頼するのはよいと思いますが、その業者に頼まなくてはいけないという事はありません。
もし事前にどちらかの葬儀業者さんに決めているようでしたら、その葬儀業者さんに寝台車の手配をお願いするのが一番です。最初から最後まで同じ葬儀業者さんに依頼する事をお薦めします。
とりあえず、決めた葬儀業者にお電話をして下さい。
亡くなった身内はどこに連れて帰れば良いのでしょうか?
一度ご自宅にお連れして、お通夜の日までお布団にお寝かせするケースが多いですが、最近の住宅事情やご家族のご都合によりご自宅にお連れ出来ない場合があります。
その場合は各斎場の霊安室、または当社のあしかわ会館に保管する事ができます。(御棺に納めさせていただきます)
※あしかわ会館は使用状況により、保管が出来ない場合がございますのでご了承下さい。
葬儀社選びはどこを基準にすれば良いでしょうか?
葬儀自体を比べるというのは、お客様側からしてみればなかなか出来ない事です。
昔はタブーとされていたようですが、最近は事前に相談やお見積りをご希望されるお客様が大変多くなりました。
お客様のご心配はとにかく「葬儀について知識がない」という事だと思います。
・葬儀業者にだまされてお金を多く払ってしまうのでは?
・こちらの要望どおりの式を行ってもらえるのか?
・何を聞いていいのかわからない・・・
などのご心配があると思います。料金的な事で決めるのか、葬儀業者の対応の良さで決めるのか、お客様によってさまざまです。
あまり料金がかけ離れてはいけませんが、どちらかといえば「対応の良い葬儀社」をお薦めします。サービスの面、対応の面の悪さというのは後々お客様が後悔をしてしまうものです。事前に数社からお話などを聞けば、比べる事が可能です。当社もご相談・お見積りは無料です。
家族だけで葬儀を行いたいのですが・・・
最近ご家族だけで葬儀を行いたいというお客様が増えています。
「密葬」という言葉がございますが、ご家族だけで執り行うご葬儀は「家族葬」と言います。もちろん当社もお客様のご希望通りのお手伝いをいつもさせていただいておりますが、家族葬を行うにあたってのご注意点があるのをご存知ですか?
葬儀を出すご家族が「家族葬」と言っていても、まわりの近所の方、友人・知人、お仕事関係の方々がそれを許さない状況にしてしまう場合があります。
あくまでもご葬儀を出すのはそのご家族ですから、家族葬をご希望でしたら依頼した葬儀社のアドバイスが大変大切になります。適切にアドバイスをしてくれる葬儀社を選びましょう。
式を行わず、火葬だけ行いたいのですが・・・
火葬だけ行う事も可能です。当社も火葬のみのプランをご用意しておりますので、お客様のご意向をご相談下さい。
白木祭壇ではなく、お花の祭壇で送ってあげたいのですが・・・
お花でお作りした祭壇を「生花祭壇」といいます。生花祭壇をご希望になるお客様も最近増えてきています。仏教・神式・キリスト教・無宗教など宗派にとらわれずお飾りできる祭壇です。お飾りの方法も種類がございます。当社も生花祭壇のカタログをご用意しておりますので、是非一度ご来社いただき、ご覧になって下さい。
お墓、菩提寺のお寺もないのですが、どうすればよいですか?
とりあえず通夜式、告別式のみのお経をお頼みするお寺様のご紹介は可能です。
今後墓地をお求めの予定の方は、式が終了後、ごゆっくり探していただく事をお薦めします。仏教でしたら四十九日法要時にご納骨される場合が多いですが、もし四十九日までにご納骨ご希望でしたら、式が終わっても1ヶ月以上お時間がございますので、その間にどちらかお求めになったほうが今後残されたご遺族の方がずっとお守りしていくお墓になります。そのお時間を有効に使い、ごゆっくりお探ししたほうがよいでしょう。
区民葬というものはどういうものですか?
区民葬は23区内にお住まいの方でしたら、どなたでもご利用いただける区民の方々への契約葬、福利厚生の一部です。区民葬を施行できるのは全国葬祭業協同組合連合会加盟の葬儀社のみです。
区民葬と一般葬の大きな違いはやはり祭壇です。各区役所及び区民葬取り扱い葬儀社にパンフレットがございますので、ご希望の方は是非お立ち寄り下さい。
以上がお客様からいただいたご質問で多く寄せられたものです。その他にご質問などございましたお電話、メールでも結構ですのでお尋ね下さい。